『指名』というのを本気で考えてみる

セラピストの収入に大きく関わる『指名制』


セラピストの雇用形態は業務委託の完全歩合制が多く導入されています。集客力のあるお店で働くのが一番良いのですが、指名を貰わないと他のスタッフより施術出来るチャンスが減りますし、やりがいも感じにくいと思います。『指名』を獲得するためにどのようにすれば良いのでしょうか。

指名しようと思う心理

指名料と言うのは+αで料金が発生しますから、指名したいと思わせるのは簡単なことではありません。お客様はどのようなセラピストを指名したいと思うのでしょうか。

他の人より腕が良い

これが一番分かりやすいですよね。それプラス、お客様の悩みの改善のために日常で出来るアドバイスをお伝えして、その通りにやってみたら良くなった時も信頼感はぐっと増します。あの人にやってもらうと、他の人と比べて良くるという風に思ってもらえたら、指名される確率は高くなります。

接客態度が良い

最初の頃は、経験値も少ないので技術面だけで指名を取ろうとしても上手くいかない事の方が多いと思います。そんな時、役に立つのが接客の力です。格安サロンの場合は特に、技術面よりも接客力の方に意識がいくお客様が多いです。(料金が安いので、悪い意味ではなく施術のクオリティをそこまで求めていないから。接客はどんなお店に入っても必ず受けるので無意識に他と比較し、良し悪しを判断しがち)。なので、接客を同じ店舗の中の誰よりも上手くこなせば、頭一つ抜きんでる可能性があります。(あくまで、お客様が満足できる施術技術を持っている前提です。その前に接客を磨いても意味ありません)

人柄で癒し効果がある

これは接客力と似ていますが、会うだけで癒し効果があるよな気がすると、またこの人にお願いしたいと思われるのではないでしょうか。笑顔が素敵だったり、物腰が柔らかくて、つい何かの愚痴を言ってしまっても受け止めてくれるような人になれたら指名を取りやすくなると思います。

身だしなみに気を遣っている

体力勝負のセラピストですが、だからと言って身だしなみを疎かにしてはいけません。自分が働いているお店に合った髪型や、女性ならお化粧にも気を配り、男性は髭などもちゃんと剃って清潔感があるようにしましょう。お客様は自分の身体を触られるわけですから、清潔感は勿論のこと、他の細かい身だしなみにも注意を払いましょう。

どうしても指名が取れないときは、指名を取っている人の施術を受けるのが一番です。きっと、得られるものが多いでしょう。