プロのセラピストとして

セラピストには資格はいらない

セラピストになる為に資格は必要ありませんから、どなたでもセラピストになれるのです。だからこそ、お金をいただくプロとして心がけねばならない事は多くあります。

勉強熱心である


セラピストはお客様の体に触ります。その為、身体の事についての知識はある程度なければいけませんし、より良い施術を出来るようになりたいという向上心を持って、勉強を続けなければいけません。指名を多くもらっているセラピストの方は、その努力が素晴らしいのです。
例えば、今あるスキルを活かした、自分にしかない施術方法の開発や追及。お客様をより癒せるようにする為に、心理学を学ぶ。接客力を伸ばしたい為に色々な店舗を周り、実際に施術を受けてお客様の目線に立ったとき感じたことを自分に取りこむ。等、色々な方法を使って勉強し続けています。

自分の体のメンテナンス


セラピストは体力勝負ですし体が資本ですので、風邪をひいてしまったら施術に入れません。これはどの職業でもそうですが、人一倍体調管理には気をつけましょう。しかし、職業病と言われるほど、どう予防してもなってしまうのが、身体の不調、つまり腰痛等です。施術は体全体を使いますし、短時間だけだったら大丈夫な体勢でも、セラピストはそれを長時間続けるわけですから、どうしても痛めてしまいます。なので、身体のメンテナンスを必ず行うようにしましょう。どうしたら痛みを予防出来るのか、完全に予防できなくても軽減させるにはどうすれば良いか、痛みが出た時どういった対処をするべきなのか。自分の体を知り、お客様の身体と同じくらい気を遣いましょう。

プロのセラピストとして覚悟すべきこと

技術や体力面でもそうですが、セラピストとして生きていこうと思った時、覚悟しなければならない事があります。大げさかもしれませんが、この覚悟がない人はプロのセラピストにはなれないと個人的には思っています。

実力社会だという事


知り合いのセラピストが辞める理由が、同僚達に比べて収入が安いからだと言っていました。腕の無いセラピストには固定客は付きませんから、収入が減るのは当たり前ですよね。

忙しい中で自分な失くさない事


セラピストの1日は忙しいですし長いです。忙殺される中で、自分を強く持っていない人は精神的に追い込まれ、仕事が辛いという思いに押しつぶされてしまいます。仕事と息抜きのバランスのコントロールを上手に行えない人は直ぐ参ってしまうでしょう。